人気ブログランキング |

退院しました

少しの間 外に出ていないうちに
きづけばすぐ傍でカッコウの声がするではないですか
もう梅雨でしたか 

予定より3日早めて退院してきました
火傷の範囲は広く完治までにはほど遠いですけどもね
実家に戻れば看護婦さんはいないし1人で背中などに薬を塗ります
いつも腕を柔らかくするべくストレッチをしていたおかげで
長い棒とか使わなくてもなんなく塗れてしまっています
この為に日頃肩をつくっていたのではと思うくらいです

入院中は皮膚再生を助ける為に 
黙々とたんぱく質など普段の倍 摂取してました
今の私にとって最も重要な売店のゆで卵がすぐ売り切れてしまうので
そろそろ納品されたろうかと時計を見ては
5階から1階まで見に行くのを日に何度もしてました
昼過ぎると関係者がわーっと買いに来て その後だとゆで卵はほぼ売り切れ
やったある!って時は4個くらい買って冷蔵庫へ
病院食以外でキウイも日に2個食べるしサラダも買うし食費が結構かかりました
出される白米の量は多かったです
私は3分の1しか食べなかったですけど糖尿病で入院してる方は
家で食べるより多い!と喜んでました
こうしたほうがいいのになという点はあるものの
メニューも飽きないし魚も大きく骨無しで食べやすいし
座っているとご飯が運ばれてくるというのは嬉しいものでした
食事時間は朝が8時 昼が12時 夜が18時 
激痛シャワータイム(ボディーソープの刺激による)が午前中にあり その後に診察
先生の声が良いので呼ばれるとはーい♪て感じ
そして消灯は21時 


1度だけ 火傷の箇所が熱をもち激痛がしたのでナースコールをしたけど
痛みの少ない時は読書灯を点けて本を読んでました
途中 何も考えてなくても泪がつつーっと流れてきたり
開く窓から飛んじゃおうかしらと思っても手帳は見られたくないなと思ったり
誰かの感情が私に届いて再び泪が出てきては 
誰か泣いている とぼんやりしているうち眠っていました
読み終えた本は伊坂幸太郎の『AX』
まだ途中なのは『虚像の道化師』
伊坂作品は必ずや最後の最後 悪者が清らかに消されるのが爽快です
読んでいて感じる男女間の悲観した考えがちょっと寂しいなと思うけども(笑)
小さい頃に触れてきた信じられる大人とそうでない大人と 両方をみてきた人の 
ふるいにかけて残った真実の正義が伊坂さんにはある
だから本の中で恐ろしいことがあっても最後は氣分がいい

ひとつ自分でやった失敗があって 
読書灯を顔に近づけたまま眠ってしまい
頬に小さく火傷をしてしまった
最初バランスよく6個の球体の水ぶくれが出来たので
なんじゃこりゃ 面白い!
こんなに明確な模様になってて宇宙からの交信かもしれないと思ったけど単なる火傷でした

入院していてつっこみどころは沢山あれど
M子さんという人格的にも素晴らしい看護婦さんと
こちらの提案はきいてくれた主治医の先生との出合いは良い出来事でした


7月2日(木)からホロヅキは開店する予定ですのでまた決まり次第書きます
インスタが早いかもしれないのでそちらも参考にされてください

*木工オブジェ作家pa.coさんの作品は7月2日(木)~8月4日(火)の期間となりました
 是非ごらんくださいませー


by horozuki | 2020-06-27 00:44